プラチナカードのコスパが良いと言える人

人気ゴールドカードランキング1位:JCBゴールドカード

唯一の国内クレジットカードブランド。旅行傷害保険1億円や各種見舞金。19歳未満の家族も保証される家族特約など保障面が充実。プラチナカード「JCBザクラス」へのアップグレードを考えている方も、まずはJCBゴールドからスタート。
電子マネーはQuickPayにも対応。
>>JCBゴールドカードの詳細情報はコチラ

プラチナカードのコスパが良いと言える人

年会費が5万円〜10万円以上するようなプラチナカード。こうした高額な年会費をペイできる、あるいはコストパフォーマンスが良いと言える人はどういう人なのでしょうか?本当に「モト」を取るようなことはできるんでしょうか?プラチナカードのコストパフォーマンスについてみていきます。


プラチナが価値を持つ人はそれだけお金を使う人

逆説的ですが、10万円の年会費を払って元が取れる人はそれに応じたお金を使う人です。

プラチナカードは、「コンシェルジュサービス」「海外空港での有料ラウンジサービス」「高級料亭やレストランなどの1名無料サービス」「ホテルの無料アップグレード」といったようなサービスが優れています。

つまり、旅行や出張で海外に良く出かける、ホテルによく宿泊する、高級な料亭やレストランで食事をするといったようなお金の使い方をする人向けのサービスが充実しています。こうしたサービスを沢山つかえば、5万円〜10万円くらいのお金のモトはすぐに取ることができるでしょう。

その一方で、ほとんどの決済が国内で旅行にはほとんど行かない、レストランなどもそんな高級なところにはめったに行かないという方にとっては利益は少なく、元を取ることはできないでしょう。

 

最初に書いたとおり、プラチナカード以上のプレミアムクレジットカードはそれだけお金を使っている人にとっては最高にコスパの高いカードかもしれませんが、そうでない人にとっては年会費の割には使えないカードと言うことになってしまうのでしょう。