年会費の安いゴールドカードの特徴

人気ゴールドカードランキング1位:JCBゴールドカード

唯一の国内クレジットカードブランド。旅行傷害保険1億円や各種見舞金。19歳未満の家族も保証される家族特約など保障面が充実。プラチナカード「JCBザクラス」へのアップグレードを考えている方も、まずはJCBゴールドからスタート。
電子マネーはQuickPayにも対応。
>>JCBゴールドカードの詳細情報はコチラ

年会費の安いゴールドカードの特徴

最近増えているゴールドカードに年会費が従来の伝統的なゴールドカードと比較してかなり安いというものがあります。こうした低年会費のゴールドカードにおけるサービス内容や特徴。一般的なゴールドカードとの違いについて紹介していきます。


年会費3000円未満のゴールドカードが増えている

最近は年会費が3000円を下回るようなゴールドカードが発行されています。
代表的なものに「MUFGゴールド」などが挙げられます。

ただし、こうしたカード、確かに「ゴールド」と名前が付いておりカードフェイス(券面)も金色をしていますが、実質的なサービス内容自体は、一般カードに毛が生えたような内容となっていることが多いです。

付帯保険を見ても、特典等を見ても、年会費が1万円程度の一般的なゴールドカードと比べると劣っているというのが現状です。

実際の先ほどのMUFGゴールドの場合、さらに上のグレードに「MUFGカード ゴールド・プレステージ」というカードグレードがあります。こちらが実質的なMUFGカードのゴールドカードという位置づけとなります。
(参考:MUFGカードのサービス内容やポイント、年会費などを徹底比較

 

年会費が安いゴールドカードが欲しいと言う方にお勧め

実質的な見た目などは完全にゴールドですから、保険面よりも外見が重要と言う場合にはお勧めできます。特にTPOを考えたクレジットカードを出さないといけないような場所ではこうしたクレジットカードを使っておき、いつもはポイント還元率の高い楽天カードなどを使うと言う方にもお勧めのカードと言えるでしょう。

ちなみに還元率の高いカードについては「ポイント還元率が高いおすすめのクレジットカード」もご参照ください。