プライオリティパス(海外の空港ラウンジ)って本当に使えるの?

人気ゴールドカードランキング1位:JCBゴールドカード

唯一の国内クレジットカードブランド。旅行傷害保険1億円や各種見舞金。19歳未満の家族も保証される家族特約など保障面が充実。プラチナカード「JCBザクラス」へのアップグレードを考えている方も、まずはJCBゴールドからスタート。
電子マネーはQuickPayにも対応。
>>JCBゴールドカードの詳細情報はコチラ

プライオリティパス(海外の空港ラウンジ)って使えるの?

プラチナカード以上のクレジットカードに付帯していることが多い「プライオリティパス」。通常399ドルもする会費が無料になり、海外旅行に行った時にラウンジが使えるというサービスです。これって本当に使えるサービスなんでしょうか?実際に使った経験で思ったプライオリティパスの問題点を説明します。


一人旅行(出張)ならともかく、大人数の旅行では使えない (使いにくい…)

プライオリティパスはプラチナカードやブラックカードホルダーなどが利用できる会員制のサービスです。海外の空港におけるラウンジを利用することができるといったものです。

海外の空港ラウンジはソファなどのくつろげるスペースはもちろん、場所によっては軽食やドリンク、アルコール類も供与されており、空港での待ち時間を快適に過ごせる場となっています。

ただし、このプライオリティパス、通常は「自分(会員)」しか使えません。一番上のグレード(プレステージ会員)であっても同行者の場合27ドル(米ドル)がかかる仕組みになっています。
3000円近い費用がかかることになるわけで決してお安いものではありませんよね。

もっとも、みんながプライオリティパスを持っていれば気兼ねなく入れますが、そうでない場合はラウンジよりもみんな(同行者)と過ごすという選択をするのではないかと思います。

一人での海外出張が多いというビジネスマンの方には有用なサービスかもしれませんが、家族や友達と海外旅行という場合にはちょっと使いづらいサービスと言えるでしょう。

ちなみに、アメックスプラチナカードのように家族カードにもプライオリティパスが付いているカードもあります。そういうカードの場合は家族旅行に限り利用できるケースもあります。

なおプライオリティパスについては「プライオリティパスが無料のクレジットカード」などが詳しいので、気になる方はぜひご一読ください。