ゴールドカードに関する読み物

人気ゴールドカードランキング1位:JCBゴールドカード

唯一の国内クレジットカードブランド。旅行傷害保険1億円や各種見舞金。19歳未満の家族も保証される家族特約など保障面が充実。プラチナカード「JCBザクラス」へのアップグレードを考えている方も、まずはJCBゴールドからスタート。
電子マネーはQuickPayにも対応。
>>JCBゴールドカードの詳細情報はコチラ

ゴールドカードに関する読み物

ゴールドカードに関する読み物では、ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードといったハイグレードなクレジットカードの取得や利用、活用法などについて気軽に読める読み物として提供しています。


 

ゴールドカードやプラチナカードで店員の対応は変わるか?

ハイグレードなカードとして知られている「ゴールドカード」や「プラチナカード」といったクレジットカード。こうしたカードにステータス性を感じる方も少なくはないかもしれません。しかし、実際のところ、そうしたカードが提示された時、店員さんの対応は変わるのでしょうか?
>>ゴールドカードやプラチナカードで店員の対応は変わるか?

 

デートの時はゴールドカード支払がオススメ。64%の女性が魅力を感じる

2011年にクレディセゾンが実施したゴールドカードに対する意識調査の結果が面白いです。これによると「ゴールドカードを持っていた場合、その人の魅力に影響を与えると思いますか?」という問いかけに対して女性の64%が「はい」と回答したというものです。
>>デートの時はゴールドカード支払がオススメ。64%の女性が魅力を感じる

 

プライオリティパス(海外の空港ラウンジ)って本当に使えるの?

プラチナカード以上のクレジットカードに付帯していることが多い「プライオリティパス」。通常399ドルもする会費が無料になり、海外旅行に行った時にラウンジが使えるというサービスです。これって本当に使えるサービスなんでしょうか?実際に使った経験で思ったプライオリティパスの問題点を説明します。
>>プライオリティパス(海外の空港ラウンジ)って本当に使えるの?

 

年会費の安いゴールドカードの特徴

最近増えているゴールドカードに年会費が従来の伝統的なゴールドカードと比較してかなり安いというものがあります。こうした低年会費のゴールドカードにおけるサービス内容や特徴。一般的なゴールドカードとの違いについて紹介していきます。
>>年会費の安いゴールドカードの特徴

 

プラチナカードのコスパが良いと言える人

年会費が5万円〜10万円以上するようなプラチナカード。こうした高額な年会費をペイできる、あるいはコストパフォーマンスが良いと言える人はどういう人なのでしょうか?本当に「モト」を取るようなことはできるんでしょうか?プラチナカードのコストパフォーマンスについてみていきます。
>>プラチナカードのコスパが良いと言える人

 

あなたのカードの色を後輩は100%見ている!VISAによる調査結果

カードブランドのVISAが実施したモニター調査で、飲み会などの支払いの時、後輩はあなたがどんな決済をしているかを100%見ているという実験結果が出ました。脳波による興味度合いでは、ゴールドカードによる支払い>現金による支払>一般カードによる支払という形が出たようです。
>>あなたのカードの色を後輩は100%見ている!VISAによる調査結果