三井住友VISAプラチナカード

人気ゴールドカードランキング1位:JCBゴールドカード

唯一の国内クレジットカードブランド。旅行傷害保険1億円や各種見舞金。19歳未満の家族も保証される家族特約など保障面が充実。プラチナカード「JCBザクラス」へのアップグレードを考えている方も、まずはJCBゴールドからスタート。
電子マネーはQuickPayにも対応。
>>JCBゴールドカードの詳細情報はコチラ

三井住友VISAプラチナカード

三井住友カードが発行する「プラチナカード」。日本でも知名度の高い三井住友カードの最高峰クレジットカードとなっております。原則として「三井住友VISAゴールドカード」を利用する人に対するインビテーション(招待)による募集となっています。年会費は52500円と高価ですが、そのサービス内容を考えれば妥当と思える金額です。

三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード公式申込ホームページ


三井住友VISAプラチナカードの特徴

三井住友カードの最高ステータスカード。年会費は高いですが、国内旅行・海外旅行傷害保険は1億円、専門近シェル10サービス、世界各国の空港ラウンジが無料利用出来るプライオリティパス、食の逸品プレゼントなどお得なサービスが沢山詰まっているクレジットカード。

三井住友VISAプラチナカード基本情報一覧
三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAカードが発行する最上級のクレジットカード。券面はブラックを記帳にしたの2パターン。国内関連のサービスに強み

特に、三井住友VISAプラチナカードの専用コンシェルジェサービスは24時間年中無休で様々な相談に乗ってもらうことができる。

年会費
通常年会費 52,500円(税込み)
初年度年会費 52,500円(税込み)
家族カード年会費 無料
備考  
三井住友VISAプラチナカード
審査について

原則として「三井住友VISAゴールドカード」のホルダーの中から利用実績などを勘案してインビテーション(招待)される形。
原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方(三井住友プラチナカード独自の審査基準により発行させていただきます。)

申込から発行まで最短日数

最短2週間程度

空港ラウンジサービス

プライオリティパス
世界80以上の国や地域、245以上の都市で450ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用可能。通常は年会費が必要となるが、三井住友VISAプラチナカードの会員は無料で利用可能 。ただし、利用できるのは本会員のみ。家族会員名義での申し込みはできない。

三井住友VISAプラチナカード
利用限度額
原則300万円〜
三井住友VISAプラチナカード
その他サービス

 

ポイントプログラム
ポイント名称  
ポイント還元率 1,000円につき1ポイント
ポイント制度備考  
航空マイレージ交換
提携航空会社 ANA
マイレージ交換比率 1:3
交換費用  
付帯保険
海外旅行傷害保険
死亡・後遺障害  
傷病・治療費用  
賠償責任  
携行品損害  
救援者費用  
備考  
国内旅行傷害保険
死亡・後遺障害  
傷病・治療費用  
備考  
ショッピング保険
補償額  
補償期間  
備考  
その他付帯保険  

三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード公式申込ホームページ