クレジットカードの種類とグレード

人気ゴールドカードランキング1位:JCBゴールドカード

唯一の国内クレジットカードブランド。旅行傷害保険1億円や各種見舞金。19歳未満の家族も保証される家族特約など保障面が充実。プラチナカード「JCBザクラス」へのアップグレードを考えている方も、まずはJCBゴールドからスタート。
電子マネーはQuickPayにも対応。
>>JCBゴールドカードの詳細情報はコチラ

クレジットカードの種類とグレードについて

まずはゴールドカードというものがどの区分にあるクレジットカードなのかを紹介していきます。クレジットカードは大きく分類すると、「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」「ブラックカード」という形で区分されています。まずはこのグレードごとのカードの種類を理解しましょう。


クレジットカードにおけるグレードとそれぞれの特徴

クレジットカードの区分は下記の図のように考えることができます。

ブラックカードを頂点として、プラチナ、ゴールド、一般カードとなりますが、それぞれの中間に「ヤングゴールドカード(20代向けゴールドカード)」や「学生カード」などが含まれる形となります。

それぞれのカードの特徴を簡単に紹介します。

 

一般カード

一般カード(クラシックカード・基本カード)とは、クレジットカード各社が発行するクレジットカードの中でも最もシンプルなカードを指します。年会費は一般に1,000円前後で、年会費を無料としているクレジットカード会社も多いです。このほか、一般カードに付帯保険を付けたりクラスアップを図っているカードもあります。

利用可能額は利用実績にもよりますが、長く使って100万円が上限といったところ。カード取得初期は20万円程度となっているケースも多いです。

 

学生カード

学生専用で対象に発行されるクレジットカード。年会費は在学中無料となっているケースが多いです。ほとんどの機能については一般カードですが、カード会社の学生囲い込みという戦略上、より有利な条件となっていることが多いです。

大学生からもてるクレジットカードですが、正しい使い方をしっかりとマスターする必要があります。「大学生のクレジットカードの正しい使い方(外部サイト)」なども参考に賢いカードライフを送ってください。

審査については学生の方は収入が無いのが一般的ですので与信対象となるのは「ご両親」です。卒業後カードを更新する場合には上記の「一般カード」に切り替えが行われるのが一般的となります。

 

ヤングゴールドカード

ヤングゴールドカードとは、一般カードとゴールドカードの中間的存在といえるクレジットカード。ゴールドカードの発行条件等を多少緩めたものが主流です。

具体的なカードだと「三井住友VISAヤングゴールドカード20s」などが代表的です。年会費は一般に、3,000円前後が主流。ただし「ゴールドカードを取り巻く最新情報」にも書いている通り、ゴールドカードの申込条件が緩和されており、20代でも発行されるケースが増えているため、JCBのようにヤングゴールドカードを廃止するところも出てきています。

 

ゴールドカード

ゴールドカードとは、券面が一般に金色をしているクレジットカードです。年会費は概ね1〜3万円前後が主流。ゴールドカードの発行については一般にある程度の属性が必要なケースが多く、年齢制限がある場合もある。ゴールドカード保有者については、空港ラウンジサービスや専用デスク(インフォメーションセンター)を使った予約代行サービスなどを受ける事ができます。

当サイトで中心的に紹介するのがこのゴールドカードとなります。
もっと詳しい説明は「ゴールドカードとは」のページもぜひご参照ください。

一般カードと比較してかなり手厚いサービスを受けることができるほか、ポイントサービスなども一般カードよりもポイントが貯まりやすいなどの特典を設けている場合もあります。

 

プラチナカード

プラチナカードとは、クレジットカード会社が当カード会社が利用実績などから上客と判断した人にのみ発行されるクレジットカード。年会費は5〜8万円前後が主流。優良会員に対して特別招待(インビテーション)というケースがほとんどである為、利用者から申し立ててカードを発行してもらうことは原則できませんが、近年では申込可能なカードも登場しています。

もっと詳しくは「プラチナカードとは?」のページも参考にしてください。

基本的にはクレジットカード会社からのインビテーション(招待)を待つことになります。

 

ブラックカード

ブラックカードとして認められているカードは世界に2枚あります。一つが「アメックス(アメリカンエキスプレス)センチュリオン」です。アメックスセンチュリオンはアメックスブラックとも呼ばれ、ブラックカードの代名詞ともなっています。

年会費はアメックスセンチュリオンが36万7500円と非常に高額です。

このクラスのクレジットカードを持つ人は日本国内で見て少なく、実際ブラックカードを取得するにはかなりのクレジットヒストリーと高属性が必要であるとされています。もっと詳しくは「ブラックカードとは?」のページもご参照ください。