イオンゴールドカードの特徴、年会費、保険、口コミ、評判など

人気ゴールドカードランキング1位:JCBゴールドカード

唯一の国内クレジットカードブランド。旅行傷害保険1億円や各種見舞金。19歳未満の家族も保証される家族特約など保障面が充実。プラチナカード「JCBザクラス」へのアップグレードを考えている方も、まずはJCBゴールドからスタート。
電子マネーはQuickPayにも対応。
>>JCBゴールドカードの詳細情報はコチラ

コスパ最強のゴールドカード「イオンゴールドカード」

イオンゴールドカードはゴールドカードの中でもコストパフォーマンスにおいてもっとも優れたゴールドカードとなります。なんと年会費は「無料」。また、よくあるローコストゴールドカードにある、券面の色はゴールドでも内容は一般カードということはなく、ゴールドカードらしい特典も満載の1枚です。

なお、ユーザーからの直接申し込みはできず、基本的に「イオンカード利用者」の中からのインビテーションカードとなっています。

イオンカード
イオンカード公式申込ホームページ


イオンゴールドカードの特徴

国内最大級の流通業である「イオン」でお得なクレジットカードです。

イオン関連施設での利用での割引やポイントサービスなどはもちろん、ゴールドカードならではの特典も満載です。全国100か所にある「イオンラウンジ」を無料で使えるというのはもちろん。

最高3000万円の海外旅行傷害保険(自動付帯)、国内旅行傷害保険、ショッピング保険(300万円)というように補償面も充実しています。

これだけあって「年会費無料」なのですから、非常にコスパ優れるゴールドカードです。

 

イオンゴールドカードの利用条件

ゴールドカードの利用条件は明らかにされていません。

一般には「年間利用額100万円以上」「入会からの累計カード利用額500万円以上」「イオンでの利用金額が1年で60万円以上」などと言われています。

累計利用でもゴールドカードの利用ができるようになるのでイオンでの買い物が多いといのであればある程度気長に使ってゴールドカードが届くのを待ちましょう。

 

イオンゴールドカード基本情報一覧
年会費
通常年会費 無料
初年度年会費 無料
家族カード年会費 無料
備考  
審査について

イオンカードホルダーのみ

申込から発行まで最短日数
 
空港ラウンジサービス

あり(羽田空港)

付帯保険
海外旅行傷害保険
死亡・後遺障害 3000万円
傷病・治療費用 200万円
賠償責任 3000万円
携行品損害 30万円
救援者費用 100万円
備考 自動付帯
国内旅行傷害保険
死亡・後遺障害 3000万円
傷病・治療費用 日額3000〜5000円
備考 利用付帯
ショッピング保険
補償額 300万円
補償期間 180日間
備考  
その他付帯保険  

 

イオンカード
イオンカード公式申込ホームページ