年会費が安い、無料のゴールドカード比較

人気ゴールドカードランキング1位:JCBゴールドカード

唯一の国内クレジットカードブランド。旅行傷害保険1億円や各種見舞金。19歳未満の家族も保証される家族特約など保障面が充実。プラチナカード「JCBザクラス」へのアップグレードを考えている方も、まずはJCBゴールドからスタート。
電子マネーはQuickPayにも対応。
>>JCBゴールドカードの詳細情報はコチラ

年会費の安い、年会費無料のゴールドカード比較

まずはコスパ最優先、あるいはとりあえず券面がゴールドカラーならいいんだよ。という方向けのゴールドカードを紹介、比較していきます。ゴールドカードというと年会費が高いカードというイメージもあるかも知れませんが、最近ではゴールドカードの中でも様々なカードが登場しています。


年会費とゴールドカードのサービス

基本的なことを言えば年会費の金額はゴールドカードとして提供されるサービス内容に比例します。

最近では年会費の安いゴールドカードが増えていますが、安いカードは安いなりのサービス内容となっていることも多いです。逆に、年会費が高額なカードは高いなりによいサービスを提供しています。

コラム「年会費の安いゴールドカードの特徴」にも書きましたが、ローコストのゴールドカード=コスパの高いゴールドカードというわけでは必ずしもないということをまずご理解ください。

ここでいうコスパというのは年会費の割りに質の高いサービスを提供してくれるという意味になります。

 

コスパ最高の年会費無料のイオンゴールドカード

ゴールドカードにおいてステータスなどではなく、コストパフォーマンスという場合に最高水準のカードとして挙げられるのが「イオンゴールドカード」です。なんと年会費は無料。
通常こうした年会費の安いカードはサービス面はそれなりなのですが、イオンラウンジの無料利用、海外旅行傷害保険3000万円の自動付帯というようにサービス面も普通のゴールドカード並みです。

ただし、同カードは「イオンカード」を一定以上利用しているユーザーに対するサービスとなっており、すぐに申込ができるわけではありません。

ただ、イオンで継続的な買い物をするのであれば比較的取得難易度は低いカードなので取得を目指す価値はあると思います。

>>イオンゴールドカードの詳細情報

 

とりあえずゴールドカードが欲しいという人向けのMUFGゴールドカード

年会費2000円のゴールドカードです。18歳から申込が可能になっています。
年会費や申込の条件などからもわかる通り、基本的なスペックとしては「一般カード」とほぼ同様の水準となっています。

付帯保険やサービスなども一般カードにちょっと毛が生えた感じといった程度になっています。

とりあえず券面の色がゴールドのカードが欲しいという方におすすめできるゴールドカードです。
ちなみに、MUFGゴールドカードには上位グレードの「プレステージ」というカードがあります。

>>MUFGゴールドカードの詳細情報