ゴールドカードの賢い選び方

人気ゴールドカードランキング1位:JCBゴールドカード

唯一の国内クレジットカードブランド。旅行傷害保険1億円や各種見舞金。19歳未満の家族も保証される家族特約など保障面が充実。プラチナカード「JCBザクラス」へのアップグレードを考えている方も、まずはJCBゴールドからスタート。
電子マネーはQuickPayにも対応。
>>JCBゴールドカードの詳細情報はコチラ

ゴールドカードの賢い選び方

ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードなどのプレミアムカードにはそれぞれサービスの特徴などがあります。ここでは、各カードの特徴を様々な視点から徹底的に比較していきます。

 


ゴールドカードと一口に行っても様々。

ゴールドカードといってもカードを発行している会社で年会費といったコストはもちろんですが、提供しているサービスも異なります。それは一概にどのカードが優れているというよりも、あなた自身のライフスタイルによってどこがお勧めなのか?というところが変わってきます。

たとえば、アメリカンエキスプレスやJCBはT&Eカード(トラベル&エンターテインメント)と呼ばれるように旅行やショーなどに強いです。こうしたことにお金を使う機会が多い方には魅力的と言えるでしょう。
一方で海外でも使えるお店が多いVISA(三井住友VISA)などは海外旅行におすすめです。

また、カードによって年会費も異なります。

たとえば、将来はよりグレードの高いプラチナカードを目指したいという方もいれば、コストパフォーマンスが良いゴールドカードが欲しいという方もいるでしょう。あくまでも保険(補償)機能が欲しいだけという方もいるかもしれません。

このようにゴールドカードを選ぶという場合でも色々な考え方や選ぶポイントがあります。このページでは様々な角度から各ゴールドカードを比較していきます。ぜひあなたのゴールドカード選びの参考にしてもらえれば幸いです。

 

年会費が安い、無料のゴールドカード比較

まずはコスパ最優先、あるいはとりあえず券面がゴールドカラーならいいんだよ。という方向けのゴールドカードを紹介、比較していきます。ゴールドカードというと年会費が高いカードというイメージもあるかも知れませんが、最近ではゴールドカードの中でも様々なカードが登場しています。
>>年会費が安い、無料のゴールドカード比較

 

限度額が高いゴールドカード比較

ゴールドカードといえばカード利用限度額が高いというイメージがありますが、ここでは、各ゴールドカードが設定している限度額について公式アナウンス情報と実情の両面からゴールドカードを比較していきます。ただし、限度額についてはその人それぞれの与信額によって異なりますし、これまでの利用実績なども考慮されますので一概に評価することはできません。
>>限度額が高いゴールドカード比較

 

サービスデスクでゴールドカード比較

ゴールドカード以上のプレミアムカードの特典ともいえるサービスデスクですが、カード会社によりデスクの得手不得手があります。ここでは、各クレジットカード会社のゴールドカード以上のサービスデスクを比較します。

 

20代で取得可能なゴールドカード比較

最近は20代の方でもゴールドカードを保有できる時代になりつつありますが、それでも審査は厳しいものです。ここでは、20代でもゴールドカードを保有するためのテクニックや各社のヤングゴールドカードを比較します。

限度額が高いゴールドカード比較

 

 

旅行傷害保険が優れるゴールドカード比較

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険といった付帯保険の金額や保障内容について各ゴールドカードの付帯保険を細かく分析して比較していきます。

ショッピング保険が強いゴールドカード

クレジットカード付帯保険の中でもクレジットカード各社により内容が大きく異なる付帯保険の一つであるショッピング保険について各ゴールドカードのショッピング保険の内容を詳細に比較していきます

 

その他の付帯保険が強いゴールドカード

旅行傷害保険・ショッピング保険以外に各ゴールドカード以上のプレミアムカードがカード会員に対して提供している付帯保険や保障サービスについて内容を徹底比較。

空港ラウンジサービスでゴールドカード比較

ゴールドカード以上のプレミアムカードの特典の代名詞ともいえる空港ラウンジサービスについて各ゴールドカードの対応空港やプライオリティーパスについて解説していきます。